FC2ブログ
The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
死の國トゥオネラには 黒い水が流れる川がめぐり その水辺を白鳥が 荘厳にゆっくりと進んでいる
DATE: 2005/07/29(金)   CATEGORY: Gallery Swan
紙の宝石《蔵書票》



蔵書票とは 蔵書の表紙・見返しなどに貼りつけて 

その所蔵者を示すための小票です

世界共通の名称は 〈エクスリブリス(ラテン語)〉です


20050729003036.jpg

《田中栞さま蔵書票:洋風》
限定番号(1~100)及び〈noohl〉サイン入り/55mm×91mm
*画像は作家保存分のもの



20050729003045.jpg

《田中栞さま蔵書票:和風》
限定番号(1~100)及び〈noohl〉サイン入り/55mm×91mm
*画像は作家保存分のもの






書物研究家 書肆ユリイカ本蒐集家 編集者……

と様々にご活躍の 日本書票協会の田中栞さまからご依頼を受け

蔵書票を制作致しました (筆名のミストレス・ノール名義で制作)



珍らかで美しい書物の数々を所蔵されていますので

ヴィジュアル要素として 〈書物〉を入れ込むことと

洋風のものと和風のものをそれぞれ・・・ というご要望を受け 

完成致しましたのが上記画像2点です





わたしたちのあずかり知らぬところで 

モノたちの時間がゆっくりと 芳しく満ちてゆく様は 

書物の中に眠る 物語の宿命そのもの……

そんな ひっそりとした密室感を表現できれば・・・と






20050729003124.jpg
リーフ・ブック《刺繍刑》vol.4


小さな紙片や冊子類を 小さな箱にリボン綴じした

リーフ・ブック《刺繍刑》(筆名のミストレス・ノール名義で制作・自費出版)

をお渡ししたことがご縁となり この度の制作に至りました 

*《刺繍刑》の詳細はこちら → club noohl


20050729003108.jpg
《刺繍刑》vol.4の短編童話小冊子〈眠りの誘い〉と付録の小さな蔵書票
蔵書票には〈This book belongs to〉と印字しており、
その下の空白に持ち主の名前を書き込めるようになっています。
〈眠りの誘い〉は、思春期の女の子の、可憐に盲目的な友情を題材にした童話です。
それに因んで〈This friend belongs to〉と印字した一枚を、
蔵書票に紛れ込ませるイタズラを……
お買い求めの皆様、お気づきになられたかしら・・・?


20050729003058.jpg
小冊子〈眠りの誘い〉の表2部分に付録の蔵書票を貼ったもの








小さきものに或る物語を託す あるいは 

小さきものから或る物語の端緒を見出す という行為は

大人のメルヘンと呼べるもの……

それらは 孤独の時間の中で熟成を許された

モノたちとの楚々とした (時にお茶目な) 

会話であるように思います





皆様も 書棚を飾る愛書群の見返しに

ご自身だけの蔵書票・・・いかがですか?








Copyright © The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top