FC2ブログ
The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
死の國トゥオネラには 黒い水が流れる川がめぐり その水辺を白鳥が 荘厳にゆっくりと進んでいる
DATE: 2006/01/14(土)   CATEGORY: 児童文学
《赤ずきんと名作絵本の原画たち トロースドルフ絵本美術館展》
20060116192728.jpg
ウォルター・クレイン『青ひげの絵本』1876年/ロンドン

20060116192925.jpg
ディヴィカ・ランドロヴァ『赤ずきん』1959年/プラハ


2006.1.14 板橋区立美術館



雨降りの中、童話『赤ずきんちゃん』コレクションで有名なトロースドルフ絵本美術館展へ。1800年代の銅版画からはじまり、ギュスターブ・ドレの『ペロー童話集』、ウォルター・クレイン、そしてブルーノ・ムナーリの『黄ずきん』や『緑ずきん』、サラ・ムーンの写真集まで、貴重な原書が多彩に展示されていました。他に、しかけ絵本や玩具なども。なかでも絵本作家のビネッテ・シュレーダー氏がコレクターのヴァルトマン夫妻に当てた手紙類はかわゆらしいの一言。封筒のおもてには赤ずきんちゃんや狼のイラストとともに、宛名や切手が踊っています。

図録は充実していますが、もう少し高価でもよいので、ひとつひとつの図版を大きく扱ってほしかったです。





「美徳の道からはずれないように、狼が待ち構えているのだから……」





今後の《トロースドルフ絵本美術館展》

刈谷市美術館 4月22日~5月28日まで
北九州市立美術館(分館) 6月10日~7月17日まで
高岡市美術館 7月25日~9月10日





20060116193611.jpg

国際こども図書館にて、《もじゃもじゃペーターとドイツのこどもの本》展も今月28日からはじまります。
スポンサーサイト



Copyright © The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top